タグ:火山の記事一覧

火山によって滅びた町-カリブの火山島モントセラトの写真40枚

20110407_pj01_001

イギリス領・モントセラト(Montserrat)はカリブ海にある火山島です。1995年7月18日にスーフリエールヒルズ(Soufriere Hills)火山が大噴火して首府プリマス(Plymouth)は事実上壊滅。その後1997年に火山が再度噴火、2003年にも大噴火し、残されていた建物の多くが破壊されました。現在も火山活動は活発で島の大半は立ち入れないそうです。今回は火山によって崩壊したモントセラトの町の写真を acidcow.comより紹介します。
続きを読む

世界で最も危険な火山の一つ、ニーラゴンゴ山の溶岩湖の写真28枚

20110304_ls01_001

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の東端にある活火山ニーラゴンゴ山(Nyiragongo)の写真を acidcow.comより紹介します。ニーラゴンゴ山は世界で最も危険な活火山の一つと言われています。2002年の噴火ではコンゴ北部の中心都市の約5分の1を破壊し、溶岩によって約100人の犠牲者が出ました。頂部の火口内に活動中の溶岩湖(溶岩が常に存在している)があることで有名です。動画と衛星写真も補足として掲載しました。溶岩が水のように波打ち、吹き上がる様子がわかります。
続きを読む

霧島山・新燃岳の大噴火の写真13枚

20110204_ls02_001

宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島山・新燃岳(しんもえだけ)が1月19日より断続的に噴火し、26日には噴煙が火口から2500m上空まで上がる爆発的噴火が起こりました。本日2月4日も3000mほどまで噴煙が上がる爆発が起こっており、危険な状態が続いています。今回はamazingdata.comより新燃岳の噴火の様子を撮影した写真を紹介します。
続きを読む

まるで地獄の業火-青い炎が美しくも過酷な硫黄鉱山の写真52枚(Olivier Grunewald)

20101212_pj01_001

フランスの写真家 Olivier Grunewald氏が撮影した、青色に燃える硫黄鉱山の写真を紹介します。
インドネシア共和国東ジャワ地域にはアジア最大の噴火口を持つと言われるKawah Ijen火山があります。ここで硫黄が採れることから、熱い水蒸気と火山性ガスの危険に身をさらしながら、沢山の人々が手作業で採掘作業を行っています。
登山写真家のOlivier Grunewald氏は、硫黄の青い炎と、月光と、松明の光によって織り成す超現実的なイメージを求めてKawah Ijenの硫黄鉱山に挑戦しました。高さ2,600メートルの頂上から200メーター下にある酸性のカルデラ湖の岸付近で硫黄の塊を集め、そこから測定所に運ぶという過酷な作業を行う人々の間で撮影が行われました。
続きを読む

大地の怒り-迫力の火山噴火の写真41枚

Chile Volcano Eruption
Chaiten volcano , uploaded by jchip8

火山噴火の写真を集めてみました。
写真で見るだけでも凄い迫力。特に稲妻を伴う噴火の写真は神の怒りを彷彿させる凄まじさです。
自然は恐ろしい。
続きを読む

気になるニュースヘッドライン »相互RSSリンク募集中!
Powered By 画RSS
検索
おすすめの写真集
アーカイブ
人気の記事(30日集計)
お問い合わせ

お名前またはニックネーム (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文

迷惑メールの類は勘弁してください。

メタ情報