タグ:原子爆弾の記事一覧

原爆投下直後の広島・長崎の写真44枚(モノクロ)

20110418_pj01_001

日本に投下された原子爆弾とその恐るべき被害の様子を示す歴史的な資料写真を izismile.comより紹介します。1945年8月6日、アメリカは広島に原子爆弾(ウラニウム爆弾・リトルボーイ)を投下し、続く8月9日に長崎へ2発目の原子爆弾(プルトニウム爆弾・ファットマン)を投下しました。広島では爆心地から半径500m以内で95%以上の人が即死。その後3ヶ月で14万人が死亡。さらに1950年までに原爆症も含めた死者は推定で24万7000人とされています。長崎では市域の36%が破壊、死者は7万3884人、重軽傷者は7万4909人とされています。あたり一面焼け野原どころか何も残っていないと思える写真もあります。この恐るべき荒野から復興を果たした日本の底力には驚かざるを得ません。
続きを読む

気になるニュースヘッドライン »相互RSSリンク募集中!
Powered By 画RSS
検索
おすすめの写真集
アーカイブ
人気の記事(30日集計)
お問い合わせ

お名前またはニックネーム (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文

迷惑メールの類は勘弁してください。

メタ情報
Inspirationのホスティング