核兵器開発の米ロスアラモス国立研究所に迫る山火事の写真32枚

  • 2011年7月3日 10:16 PM

20110703_pj01_001

6月26日、アメリカのニューメキシコ州のロスアラモス国立研究所周辺で山火事が発生しました。今回は研究所に迫る山火事の様子を boston.comより紹介します。
ロスアラモス国立研究所は「マンハッタン計画」の中で広島・長崎に投下された原爆を開発した、アメリカの核兵器開発の中核を担う施設。研究所の敷地内には放射性廃棄物が詰まったドラム缶約1万本など危険物質が保管されています。
27日に敷地に山火事が迫り、研究所は閉鎖を命じられました。風向きの問題から住民約1万2000人の避難も決定しています。発生から7日目の7月2日も収まらず、4万6千ヘクタールが焼ける同州の史上最悪規模の火事となっています。周辺の火勢は収まりつつあるとのことで、研究所の再稼働に向けて準備中だそうです。放射性物質が外部へ漏れるような事態はないと発表されています。

今回は大きな問題にはならなかったようですが、原子力関係のトラブルは一歩間違うと大きたな環境破壊となってしまいます。ちなみにアメリカのネブラスカ州ではミズーリ川の氾濫によってフォーカルフーン原発が水浸しとなっており、同州のクーパー原発も6月19日に非常事態宣言が出されているそうです。さらに南フランスのトリカスタン原子力発電所でも変圧器の爆発や火災が発生したとのニュースもあります。こう立て続けに原子力関係のトラブルが起こるとさすがに怖いです。

20110703_pj01_002

20110703_pj01_003

20110703_pj01_004

20110703_pj01_005

20110703_pj01_006

20110703_pj01_007

20110703_pj01_008

20110703_pj01_009

20110703_pj01_010

20110703_pj01_011

20110703_pj01_012

20110703_pj01_013

20110703_pj01_014

20110703_pj01_015

20110703_pj01_016

20110703_pj01_017

20110703_pj01_018

20110703_pj01_019

20110703_pj01_020

20110703_pj01_021

20110703_pj01_022

20110703_pj01_023

20110703_pj01_024

20110703_pj01_025

20110703_pj01_026

20110703_pj01_027

20110703_pj01_028

20110703_pj01_029

20110703_pj01_030

20110703_pj01_031

20110703_pj01_032

ソース

Wildfire threatens nuclear facility – The Big Picture – Boston.com

ツイート

この記事へのコメント:2件

お名前: むつひさを 2011年7月6日

私は30数年前にロスアラモスに1年弱滞在しました。今回の山火事で避難した人々を思うと人ごととは思えず、鎮火の様子を知りほっとしています。

お名前: インスピレーション管理人Joy 2011年7月8日

山火事による人的被害は出ておらず、放射性物質に関わるトラブルもなかったそうで、ひとまず安心ですね。ただ、まだ完全に鎮火したとのニュースは見ていないのでその点が心配です。

コメントをどうぞ

この記事へのトラックバック:0件

この記事のトラックバック URL
トラックバックの送信元リスト
核兵器開発の米ロスアラモス国立研究所に迫る山火事の写真32枚 - インスピレーション‐美麗画像(写真・イラスト・CG)を毎日紹介 より
気になるニュースヘッドライン »相互RSSリンク募集中!
Powered By 画RSS
検索
おすすめの写真集
アーカイブ
人気の記事(30日集計)

まだデータがありません。

お問い合わせ

お名前またはニックネーム (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文

迷惑メールの類は勘弁してください。

メタ情報